So-net無料ブログ作成

おニューな物・・・ [バイク関連]

前回のツーレポの時点で、気づく人いると思ったんですけどね〜。
なんの指摘もなかったので、そのままエントリー(笑
前回は新しいタイヤでしたが、今回は同時に新しくなったものについてです。

そう、ヘルメット新調しました
今回はほぼ4年使って交換する事に。
ここしばらくは、メットの寿命よりも先にダメにして交換してた気がしますが・・・(^^;;;

で、新しいヘルメットはというと・・・初の舶来物、シューベルトのR1を買いました。
しかも夫婦お揃で(笑

R0011070.jpg

カミさんのがシルバー、私のが青のグラフィックモデルです。
考えてみれば、自分で使うヘルメットでグラフィックモデルは初めてです。
ちょっと派手かな?って思ったのですが、実物は以外に落ち着いてていい感じです。

あとシューベルトと言えば・・・

R0011071.jpg

ちょっと見難いですが、サンバイザー
ヘルメットの中にサンバイザーが内蔵されているんですよね。
透明なシールドの内側にバイザーが出てるのが判るかと思います。
左側に付いているノブで出し入れ簡単って代物です。

で、さらに今回は・・・

R0011072.jpg

KTELにメットを送ってインカムを埋め込んでしまいました。
シューベルトのヘルメットって、個人ではチークパットを取り外しできない構造になっているので、購入前の段階で今まで使ってたKTELの簡単取付けインカムが使えない事が判明してたんですよね。
で、今回は最初からKTELにメットを送って取付けをお願いしてしまおうという事になってたんです。
メットがお店に来た時に箱ごと受け取って、そのまま送り状付けて転送すると言う(笑
さらに、KTELに申し込みどうすれば?という問い合わせを入れると・・・加工内容についてメモ入れて送ってくださいとの事。
事前連絡も何も無しでOK(笑
まぁ、パーツ&加工費よりも本体の方が高いし、代引きで送り返されてくるという状況ってのも有りますが、あまりにもあっけない(大笑
一応、送った際にメールで加工内容を送っておきましたが・・・実際、結構不安だったという(苦笑

で、加工内容ですが、カミさんの方はボリューム無しモノラル2spに、私のはボリューム無しステレオスピーカーとして見ました。
帰って来たメットを見て、かぶってみてびっくり。
スピーカーが取付けてあるとは思えない自然なフィッティングです。
スピーカーも写真の通りで、いっさい配線が見えない状態。
さすが本職です。
考えてみれば、F1のフェラーリチームもKTEL使ってるみたいですから、国内では珍しいはずのシューベルトのヘルメットも手慣れたものなんでしょうね。

で、ここでいくつか問題が・・・
まず、カミさんは無線機と同時にレーダー探知機を使っていて、今までは片耳にKTELスピーカー、もう一方にレーダー探知機のスピーカーという形だったんですよね。
今度のヘルメットは両耳がKTELインカムで埋まってしまうので、レーダーが使えないと・・・
という訳で、またミキシングアンプ作りました

R0011073.jpg

今回は無線とレーダー探知機の2chをミキシングするだけのアンプです。
2007年1月エントリーに上げてた回路図から1ch削って、マイク関連を省略した形です。
箱のサイズは長辺80mm×短辺50mm×高さ30mm・・タカチ電気工業のYM-80ってアルミケースを使ってます。
タバコの箱よりも2回り小さいぐらいですかね。
入力トランス無ければ、もっと小さくできるんですけどね〜
まぁ、レーダー探知機側は入力トランス省略しても現在使ってる機材なら大丈夫なのは判っていたのですが、今後探知機買い替えとか別な物からの入力とかを考えると、一応入れておこうかと・・・
出来る事なら小型化の為に、トランスレスとしたいのですが、レーダー探知機や無線が、BTLアンプを結構使ってるんですよね。
稀に電子スピーカーとか使ってる例有るし・・・で、やっぱり入れておこうかと。
まぁ、他の手を考えるのが面倒ってのも有りますけどね(笑

外部との接続に関しては、今まではパネル用のコネクタを箱につけていたのですが、意外にスペースを取って使いにくい事が判ったので、今回からは配線引き出してその先にコネクタをつけるように変えてみました。
あと、モノラル2spと言う事だったのですが、コネクタのL・Rどちらでモノラル化されてるのか不安だったので、ミキシングアンプ⇒KTELインカム間の増設ケーブルもRとLに同じ音声が流れるようにしたモノラルコネクタにしておきました。
自分のミキシングアンプもステレオ化が終わらない事にはモノラル運用しか出来ないので、今まで使っていたカールコードのインカム側の端子のLとRとを繋いで強制モノラル化してみました。

この状態で、先日の美山へのツーリングは行ってました。
で、ヘルメット自体の評価ですが・・・・
今までアライのRR4を使っていたので、それとの比較になります。

購入へのいきさつなのですが、今回、アライのRR5を試しにかぶってみると、帽体を変えたらしく今までよりもさらに窮屈になったんですよね。
ついでに価格も高騰してるし・・・と思ってると、シューベルトも1割アップしないで届くぐらいの価格になってるんですよね。
実際にかぶってみると、想像以上に楽だし・・・と言う事で購入となりました。

まず、かぶった感触ですが、アライがほほでメットの重量を支える感じだったのに対して、シューベルトは”はちまき”みたいです。
実際にこめかみの当たりで頭1周するパットが入ってるのですが、それでほとんどの重量を支えている感じですね。
私は問題なく行けましたが、頭の形によっては駄目な人も居るかもしれないですね。
ほほの締め付け感が少ないので、かぶった時の圧迫感は少ないです。
あと、口回りのスペースがアライよりもかなり広いので、さらに圧迫感が減っているように感じます。
この辺りは、長時間ヘルメットを着用していたときの、吸い込むCO2濃度まで計算してると言うのも有るのかもしれないです。
全体的にリラックス感というか、ユッタリ感がありますね。

次に、シューベルトのうたい文句である”静かさ”についてですが、確実に静かになってますね。
高速走行時ですが、音量自体も下がっている様に感じますし、なにより音質が耳障りでない物になっているのが大きいかと思います。
感動的とまでは行かないですが、高速走行を長時間するなら疲労度かなり変わるんではないかと思います。
あと、静かという事は風の抵抗になる所が少ないという事で・・・
高速走行時のヘルメットのブレは少なくなってました。

静かさに関しては更に追加が有って、今回KTELインカムを2spモデルに切り替えたのですが、無線にしろ音楽にしろかなり聞きやすくなってるんですよね。
まぁ、今までが1spで片側から音楽やら無線やらが聞こえて来て、反対側からは風切り音だのエンジン音だのが聞こえて来てたので、音声判別するには難しい環境だったというのは有ると思いますが、それにしても聞きやすいんですよね。
ノイズ音量が低くなって、さらに両耳で聞けるということでかなり楽になっているようです。
ふわわでの無線交信も出来るんじゃないですかね?このメットだと(笑

それと意外だったのはシールド。
カタログでも歪みの無い視野ってのが売りになってるのですが、1日走った後の目の疲れが以前よりも楽な気がします。
日中の明るいときはバイザー下ろしておけば楽ですし、トンネルとか夜間はバイザー上げれば明るいし。
意識する事は少ないと思いますが、歪みに関しては本当に少ないようです。
私はメガネを使ってるので、メガネ+バイザー+シールドと3重にプラスチック板を通して外を見ています。
なので、視野の歪みにはちょっと敏感になっちゃうんですよね。
このメットでは歪みは感じなかったですね。
アライだと、多少なりとも視野の端とかスクリーンの端当たりで歪んでたのですが、こいつはそういった事が全く無いです。

逆に気になる点は、アライよりも軽いくせに、帽体がアライから比べて1回り半ぐらい大きいので見た目が・・・な点(笑
あと、ベンチレーションは必要十分だと思いますが、アライやショウエイみたいに風が流れてるって感じは全く無いです。
ただ、判らないようにきちんと仕事してるんでしょうね、先日のツーリングではヘルメットの中が暑いと感じた事は無かったです。
ベンチレーションといえば、私は問題なかったのですが、シールド内側に風の流れを作って曇り止めする構造らしく、この風でコンタクトの人には目が乾燥すると思うので少ししんどいかもしれません。

多少気になる点が有るとはいえ、運転に適した環境を利攻めで作って来たって感じですね。
ドイツ製品らしい品だと思います。

さて、あとはミキシングアンプのステレオ化すれば・・・って実は、すでに作り終わってたりするのですが(大笑
かなり凝った作りにしてしまったので、また詳細はエントリーしますは(^^
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 4

みっきー

このメットってすごいお値段するやつじゃないですか?
タイチで見てびっくりした覚えが。
ミキシングアンプ調子よく使わせてもらってます。
高速とかでも使いますが、相手が他の会社のマイクとかなので、風きり音がよく入ります。そのてんKTELは全く問題ないようです。自分で聞かないのでわかりませんが。難点としてはPTTを音にしたまま忘れてて前回で鼻歌歌ってたら、ワンマンショーになってしまうほど音を拾ってしまいます。
by みっきー (2008-09-24 21:40) 

Renn

え〜っと(^^;;
もう1ランク上のS1や新しく出たS1Proとかは8万以上してたはず。
あと、タイチに置いてあったカーボンモデルは16万だったっけ?
私らが買ったのは、アライのRX7RR5とほぼ同じぐらいですよ。
確か、アライのグラフィックモデルとR1のソリッドが大体一緒。
ですので、イメージから考えるとあんまり高い物ではないんですよ。

ミキシングアンプは元気に動いてくれているようで(^^
KETLの性能は侮っちゃ行けません(笑
うちも音楽聞きっぱなしで通話すると、カミさんから音量大丈夫?って言われてます。
別に大きな音量でなくても、聞こえやすい帯域だけがしっかり届くようです。
やる気になれば、二人で同じ音楽聞く事も(笑

・・・ですので、ワンマンショーにはお気をつけを。
ツーリングの仲間内だけでなく数キロ圏内相手にワンマンショーですからね〜(大笑
by Renn (2008-09-25 01:13) 

j-taro

シューベルト2個+KTEL加工…自分だと高くて手が出ません(^^;

J-Force2にKTELのスピーカー装着してますが、やはり微妙に耳に当たって違和感を感じます。メーカーで加工してもらったら快適になるのかな?
by j-taro (2008-09-28 18:18) 

Renn

>J-taroさん

うちは夫婦二人ともヘビーなバイク乗りですからね〜
安全装備をケチる訳にはいかないと言う事で、我が家ではヘルメット基金が存在します(w
3年ぐらいで二人分のヘルメット代が出るようにカミさんが積み立てやってます。
月2~3000円程度・・・ね、何とかなりそうでしょ?(笑

スピーカーの取付け加工に関しては、さすがメーカーって感じですよ。
チークパットをスピーカーの大きさ、厚みだけ奇麗に削ってあるようです。
実際のヘルメットでは内装で覆われているのも有りますが、どこがスピーカーか触ってもほとんど判らないぐらいです。
加工費は4500円+梱包手数料1000円ですが、その分の価値はあるかと思いますよ。
by Renn (2008-09-29 18:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。